<   2018年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

作品展とみかん

友人が『里山にて』なんて洒落た展示を開催中。

写真と裂織の三人展を、なんと9年も続けています。

d0212491_23365795.jpg

誰一人抜けずに続けられることが、とても羨ましい。

d0212491_23395496.jpg

▲柿渋で染めた裂織のバッグ・・・真ん中の作品一万円也

いかに手間暇掛かるか見ていますから、この低価格ではと老婆心。

作者、気の弱い良い人なんです。

d0212491_23434631.jpg

帰路、牧之原をダラダラっと下って、

無人販売のみかんを買いに神座まで大回り。

d0212491_23453748.jpg

何とドジな事に、小銭を持っていない。

だからって、バイクで一万円もミカンは積めません。

一万円だと50袋・・・・・・。
by audrey-gregory | 2018-11-30 00:00 | アート | Comments(0)

石仏と林道と紅葉

20℃を超すと言うので、林道を走ってみましたが、

日向は暖かくても、日陰では震えるほど寒い。

大井川の支流、下泉河内川を上ると、

ヒノキや杉の植林の木の間から、雑木が燃えています。

d0212491_16465214.jpg

ご多分に漏れず、人家が傾いて廃屋になって行く。

d0212491_1648952.jpg

ガードレールの無い路を上ると、最奥には立派な神社もあるのに。

d0212491_165035.jpg

数年前に発見した時は、魅力的な青面金剛でしたが、

手も入らず、地蔵も転んだままで、やがて土へと帰ります。

d0212491_16514540.jpg

茶畑も手入れがされず、荒れていくのはお馴染みの光景です。

d0212491_16543261.jpg

思わずブレーキ。

来春、渓流はきらめいてヤマメ釣りの川に変わります。

4時間も走ったらすっかり冷えるし、昼食抜きで・・・。
by audrey-gregory | 2018-11-27 16:59 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(2)

久し振りに一人になって

カミさん、お出かけ。

車が使えて、やりたい放題の日です。

さて、これだけの条件が揃ったのに、「何しようか?」

まったく思いつかないで、グズグズとお昼になってしまいました。

テーブルの上に置いて行ったレトルトカレーを食べながら、

「川根に石仏を捜しに行こう」と決める。

車を走らせながら、待てよ?

d0212491_2257321.jpg

大きく進路を変更して、御前崎の浜岡カントリーに向かいます。

『櫻井朱實』さんの個展が、間もなく終わる事に気付く。

汚いジーンズで、ホテルのロビーを横切るのは恥ずかしいが、

どうせ知った人なんかいないのだから・・・・。


専門的な事は何一つ分からないが、とても魅かれる書を書かれる。

プロフィールを読んで、その一端が理解できました。

「なるほどなぁ」とため息ひとつ。

d0212491_238186.jpg

ホテルから望む駿河湾は、凪いで煌めいていました。

才能のある人って、身近にいっぱいいる。

「うらやましいなぁ」とため息ふたつめ。
by audrey-gregory | 2018-11-26 23:47 | アート | Comments(0)
エコー検査前のトイレは我慢するようにと注意書き。

受診時間を気にしながら車を走らせるが、

ユニクロのある交差点が渋滞で、全く動かない。

イライラ! 冷や汗! 血の気引く!

そういえば今朝、ユニクロの大きなチラシが折り込まれていた。

ここまでくれば、話しの結末はもうお見通し!

やっとで病院の看板が見えて「ほっ!」・・・悲劇序章。

駐車場について更に安堵!・・・悲劇クライマックス。

残念ながら、これは友人Oさんの数日前のお話し。

以来、ユニクロを見る度に『O氏の悲劇』で盛り上がりますが、

他人事じゃない条件反射。

d0212491_722297.jpg

by audrey-gregory | 2018-11-25 07:28 | つれづれ | Comments(0)

ストーブ、出すかな

朝はぐっと冷え込んで、葉を落とした柿の木で、

モズが落ち着きなく尻尾を振っています。

d0212491_15121325.jpg

寒くなると、急に列の出来る鯛焼きやさん。

ライダーたちがお店で熱々の鯛焼きを頬張っています。

髭づらで絵には・・・ならないけれど。

d0212491_1515934.jpg

家で待つ人の為に、列についてじっと待つ。

本当は並ぶの嫌いなんだけれど。

急いで帰れば、まだ熱々。
by audrey-gregory | 2018-11-23 18:09 | つれづれ | Comments(0)

好きだった街は

薬屋さんの横を覗いたら、まだこんな小路がありました。

自転車が擦違えそうもないし、懐かしい湿気を感じます。

d0212491_23331152.jpg

高速のインターを降りて、市街に向けて走ると、

なんて活気の無い街だろうと思います。

そんな島田市ですが、余所に住もうと思ったことがありません。

不満を言いながらもこの街が好きなんでしょうが、

本当に好きだったのは、狭い通りに商店がズラッとあった

小学生の頃の、昔の街かも知れません。

記憶に味付けをして、懐かしんでいます。
by audrey-gregory | 2018-11-20 17:32 | つれづれ | Comments(0)

ひょうきん連絡網

「おーい、〇〇が死んじまったぞー!」

同級生の訃報が年々増え始めましたが、

いつも連絡網はこんなにファンキー(?)。

自分の時もこんなかと思うと、思わず笑ってしまいます。

d0212491_2041542.jpg

とても親しくしていた友の、突然の訃報。

葬儀には多くの同級生が参列しますが、

いつも同窓会になって、個人を偲ぶなんてほとんどありません。

悪いなぁと思いますが、みんな順番だから。
by audrey-gregory | 2018-11-19 20:49 | つれづれ | Comments(0)

家の方に来てください

三日間、天気予報を裏切る好天で、展示は無事終わりました。

d0212491_1752620.jpg

声を掛けられるまでは、こちらから話すことはしません。

誰が彫ったのかも分からないままで、お帰りの方も見られましたが、

そいうのも有りの展示にしようと思っていました。

d0212491_17575377.jpg

刈り込まれた裏の茶畑は、白い花が絶妙な間隔でポツポツ。

d0212491_1804141.jpg

終了時間になって車に積み始めたら、

「あなたが彫ったのですか?いつも気になっていました」という人。

「どちらの石屋さんですか?主人が興味を持ちそうなんです」

というお若い方も。

名刺を渡して、「自宅の庭に沢山ありますよ」


折角お越しくださったのに、留守をしてお会いできなかった方々に、

お詫び申し上げます。
by audrey-gregory | 2018-11-18 18:12 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(0)

考えさせられるなぁ

d0212491_17485875.jpg

展示会場が、JRのハイキングコースになっていて、

朝から多くのハイカーが訪れました。

d0212491_17504730.jpg

多くの方は特に展示に興味があるわけでもないので、

賑やかと言うだけで、鑑賞と言うまではいきません。

d0212491_1753116.jpg

午後から来てくださった方達は、きちっと見て下さって、

お話しも弾みました。

友人・知人・陶芸家さん達に感謝の一日でした。

d0212491_17574574.jpg

農道が駐車場の、のんびり里山の展示会です。

明日が最終日です。
by audrey-gregory | 2018-11-17 18:00 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(0)

遅刻しちゃった

d0212491_1748131.jpg

お地蔵さん達にタイトルを付けたり、名刺を用意したりしていたら、

オープンぎりぎりの到着で、大急ぎでレイアウト。

d0212491_17522873.jpg

▲車に積み込んだわらべたちです。

d0212491_1754255.jpg

作家さんと生徒さん達がすでに準備万端でお客さん待ちです。

d0212491_17563441.jpg


d0212491_17583419.jpg

作家さんに挨拶をして、取りあえず僕も準備は完了です。

d0212491_1805952.jpg

明日はJRの企画と重なって、きっと大賑わいになる事でしょう。

どんなお客さんに出会えるのか、楽しみです。
by audrey-gregory | 2018-11-16 18:47 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(0)