<   2018年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

すでに免許皆伝

残り時間が少ない少ない、と言いながら退屈している。

退屈の中から文化は産まれるらしいが、さて?

d0212491_173512.jpg

すすめられなくたって、すでに凄い退屈ですが、

この本を読んで、黄金の退屈時間を過ごしたいと思った。

読み終えて、「な~んだ、五木寛之より僕の方が上級者だ」。

d0212491_17425479.jpg

今日は風が強くて、図書館に行きそびれたので、

退屈時間は、定番のコッパ仏を彫って完成させる。

ついでにあと3体分の準備をして、退屈上級者は満足の半日。

どうだ、五木寛之!
by audrey-gregory | 2018-10-31 17:54 | つれづれ | Comments(0)
自分の持ち分いっぱいに、

興味のある事は観たい・知りたい・理解したいと思っています。

最近は理解したいが怪しくなってきましたが。

d0212491_234277.jpg

クラフト展等では、知らない世界や異才に出会えます。

こちらから出かけて行かなくては、そんな機会はありませんので、

まだ感性の残っているうちは、会いに行きます。

自己分析出来ないけれど、変わっている?
by audrey-gregory | 2018-10-30 17:00 | つれづれ | Comments(0)

抜きん出た人

『遠州横須賀街道ちっちゃな文化展』に行ってきました。

街並み保存とアートイベントのコラボで、20年も続いています。

d0212491_2214549.jpg

僕の中では最大のイベントに位置しているので、毎年楽しみです。

d0212491_2216295.jpg

インスタレーションも何か所かで見られますが、

表現を汲み取れないのは、僕の感性の欠如でしょうか?

d0212491_22171539.jpg

親しみやすい作品もあって、子供さんも興味を示しています。

d0212491_22182397.jpg

掛川の大橋藍舟さんが、リクエストの文字を書いてくださいます。

d0212491_2219503.jpg

毎年これも楽しみの一つ。


とんでもなくレベルの高い作品にも出会えます。

天才って案外身近にいるもんだ。
by audrey-gregory | 2018-10-29 17:00 | アート | Comments(0)

素敵な作家さん

d0212491_6473824.jpg

イタリアの職人を想わせて、カッコいい彼。

山梨笛吹市から『ボッテガ・グリーチネ』

子供の為に頑張るんだ・・・・と。

d0212491_648319.jpg

癒し系陶器『にこりーず』の彼女は、はるばる秋田県由利本荘から。

「終わったらさっと帰るんです、子供が待っているので」

交通費だって馬鹿にならないから、たくさん売れますように。

d0212491_6482431.jpg

伊豆高原に移住して工房を構えている『siLo』のご夫婦。

靴と鞄のデザインが素敵です。欲しかった!

来年の五月祭には伊豆高原の工房に行ってみよう。

d0212491_6485082.jpg

ヤキモノの出展者が多い中で、

特に絵付けに魅かれた藤枝の『豆まき工房』さん。

「センスいいですねぇ」と言ったら、嬉しそうに顔を赤らめる。


年々モノづくりの人たちが増えて、世代の交代が感じられます。

「目の保養~」って言う知人たちばっかり・・・。

労力に見合わない低価格の作品が目について、「大丈夫かな?」

たいした買物は出来なかったけれど、一日楽しく過ごせました。

今日は『遠州横須賀街道ちっちゃな文化展』に行ってきます。
by audrey-gregory | 2018-10-28 12:45 | アート | Comments(0)

発表会が続く

d0212491_20491939.jpg

例年この時期は、地元の工房が一つになってのアート展でしたが、

今年は無くなってしまいました。

それでも各々が発表の場を持って発信しているようです。

批評を頂くにしろ、作品を買っていただくにしろ、

その場を造らないと前には進めないのがモノづくり。


今年は庭のお地蔵さん達が減って、

展示はできないと思っていましたが、お誘いを受けました。

来月、ギャラリー『陶』さんのお庭で、展示をさせてもらいます。

横山春美さんの『裂織・古布展』に混ぜていただくので、

また新しい出会いが出来るかもしれません。

それまでに一点ぐらいは彫らないと・・・ノルマ?!


◆11月16日(金)ー18日(日) 

◆島田市菊川1526 ギャラリー陶
by audrey-gregory | 2018-10-27 17:00 | アート | Comments(0)
d0212491_17561656.jpg

『大井川マラソン』の準備を横目に、博物館に向けて歩く。

風はあるものの、汗ばむほどです。

d0212491_17565595.jpg

◎今日は『裂き織り体験』の開催日だから、Nさんが働いています。

 コーヒーをご馳走になって、しばし実の無い話を語る。


◎気分障害で苦しむ友達の家に寄るが生憎留守。


◎親友の墓に寄って手を合わせる。

 墓石と向き合って、何て話して良いのか良く解からない。


◎図書館で本を借りる。

 ついいつもの角田光代を借りそうになるが、五木寛之にする。


◎「今日は特売日だ」と気が付いてパン屋さんに寄る。


◎洗濯物の出しっぱなしに気付いて、慌てて帰路につく。

ウオーキングになっていない?
by audrey-gregory | 2018-10-26 17:00 | 歩く・登る | Comments(0)
ず~っと昔。

小さなコッパ仏を100体彫って、

そんな展示会も面白いかなぁと思ったけれど、

出来た端から人にあげちゃって、数えたら10体も残っていません。

一昨日・昨日と一体づづ彫って、この調子なら三か月・・・、

おっと、そんなに甘くはなかったぞ。

小さいから背中を丸めて彫るので、が~ん、腰痛じゃ!

d0212491_21114944.jpg

顔と手を彫っただけで出来上がり。

夜、懐中電灯を点けて庭でカシャカシャと撮影。

近所から、怪しい人に思われています。

★コッパ仏・・・本来捨てられる石のカケラに仏を彫ったもの
by audrey-gregory | 2018-10-25 17:00 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(0)

必ず聞かれる事

「何か電動工具を使っているでしょ、頭を丸くする時に・・・」

初めて会った方は一様にこの質問を投げてきます。

「使いません。ありません。買えません。」が答えです。

d0212491_15584470.jpg

以上、道具の全てです。

正確な名前も知りませんし、使い方も邪道だと言われました。

d0212491_1605436.jpg

太いノミで荒く削って、後はほとんどこの工具で彫っています。

何も、手彫りにこだわってもいませんし、

ノミ跡が面白いとも思っていません。

石彫り教室は、最低限の道具で出来る事を教えてくれました。

以後、馬鹿の一つ覚えみたいですが・・・。
by audrey-gregory | 2018-10-24 17:01 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(0)

一か月ぶりのコッパ仏

d0212491_1635233.jpg

「彫りたいな~」と思う時が稀にありますが、

これが『稀』から『時々』になって『度々』になると良いのですが、

「ならんなぁ~」これが!

楽な遊びにばかり走って、根を詰める事ができません。

今日はなんと『稀』の日です。

20センチほどのコッパに二人彫って、

「仲良く過ごせますように!」
by audrey-gregory | 2018-10-23 17:02 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(0)

埼玉『川越祭り』に行く

熱を出してプチ入院をしていた孫と、

付き添いでくたびれた娘の慰問を兼ねて、

お祭り見物で埼玉川越です。

d0212491_18184942.jpg

蔵の町・小江戸川越は三度目ですが、こんなに人だらけは初めて。

d0212491_18202919.jpg

江戸の祭の影響を受けて、山車は精巧・絢爛豪華。

蔵造りの町並みを、何台もの山車が辻ですれ違います。

d0212491_18245877.jpg

動けないほどの人の波、飽きてでんぐり返って大泣きする孫。

お祭り見物には、ちょっと気合が足りませんでした。

その内に突然の雨で、すっかりくじけて帰宅となりました。

d0212491_18294160.jpg

帰路、新幹線の車窓から見える富士山になぜかホッとする。

たまには都会も良いけれど、やっぱり静岡ネイティブ。

池袋の乗り換えで、どっと疲れちゃう二人でした。

やれやれの一泊二日!
by audrey-gregory | 2018-10-22 18:35 | つれづれ | Comments(0)