人気ブログランキング |

カテゴリ:アート( 85 )

『山麓点描』写真展

久し振りに清水の知人とKURAで待ち合わせ。
目的は、写真展とお昼とおしゃべりが1/3づつです。

d0212491_20332923.jpg

清々しい木々の数々。
数々の受賞歴を持つ、89歳になる現役医師の写真展です。

d0212491_20334284.jpg

オーナーは熱心にお客様のお相手を務めています。

d0212491_2033589.jpg

絶対、半分づつ分けようという言い出すカミさん。
あ~面倒くさい!

d0212491_2034826.jpg

いつも感心するのは、何種類も作るお惣菜の数。
我が家は、機嫌が良ければ〇種類ですが・・・。

d0212491_20342180.jpg

会話も楽しく、居心地が良すぎて長居をしてしまいました。
「一晩語りたいね」とオーナーからメールをいただきましたが、
それはチョット・・・・・。
by audrey-gregory | 2019-07-10 20:52 | アート | Comments(2)
『七夕コンサート』は定員180名のホールだから、
チケットはすぐに売り切れて、
危ない危ない、買いそびれるところでした。

d0212491_6104487.jpg

年に数度のコンサートも、日々の練習の賜物。
FMラジオのレギュラーも務める『レッドポイントブラザーズ』は、
それぞれの個性が出色で人気バンドです。

d0212491_6164617.jpg

絶妙のMCに会場は笑いに包まれます。
かぐや姫・ガロ・五つの赤い風船を交えて、
もう口ずさめるほどに馴染んだオリジナル曲の数々。

d0212491_6222250.jpg

新曲はどうも勝手が違うのか、緊張して「あっ、間違えた」

d0212491_624292.jpg

お得意の島田弁で笑いを取る。
高齢者の仲間入り?・・・とかで、みんなの祝福を受けています。

d0212491_6264471.jpg

まったく衰えないリードボーカル。
「歌本、サイン入りですよ~」と宣伝にも力が入っています。

d0212491_632312.jpg

梅雨空で満天の星とはいかないけれど、
会場は『満天の星』で総立ちとなりました。

帰路の夜道に、ホタルが二匹舞う。
by audrey-gregory | 2019-07-07 18:00 | アート | Comments(1)

まずは人集め

d0212491_22315818.jpg

展示会は何が大変かって、まず人集め。
著名な作家は、企画会社やギャラリーなどが告知してくれますが、
僕たちは、DMやチラシを印刷して、自分で郵送したり配ったり。
新聞の催事欄に掲載をお願いして、あわよくばTVの取材もお願いします。
こうやって何とかお客さんに来ていただきます。
とてもエネルギーが居るので、中々展示会は企画できません。

KURAさんから、写真展の告知を頼まれてA4で4種作ってみました。
いま、写真展や陶芸展は各地で頻繁に開かれていますが、
みなさん集客で苦労されているようです。
お役に立てればと、大急ぎで作ってみましたが・・・・。
by audrey-gregory | 2019-07-06 17:00 | アート | Comments(0)

玉三郎にいただいた着物

それでさぁ、その着物どうした?
「さぁ、どっかに行っちゃったみたい」

Mさんが東京で個展をやる事になって、
少しずつ名前が売れ始めたとはいえ、
陶芸家=貧乏を地で行っていたようで、衣装が無い。
見かねた坂東玉三郎が、行きつけの呉服屋で袴を誂えてくれたそうです。

そのMさんが亡くなって、奥さんが実家に引っ越して行きました。
多くの作品をみんなに分けてくれて、
何もかも執着しないで去って行きました。

d0212491_2072850.jpg

蚊取り線香の出番になり、夕食前のナイター。

「ご飯、できたよ~!」
Mさんを思い出しながら、粗菜で夕食。
by audrey-gregory | 2019-06-20 20:16 | アート | Comments(0)
何十年振りかの松本市内。
定番と言えば松本城・旧開智学校ですが、
子供たちと何十年前かに訪れた事も有り、サラっと外観だけ。
むしろ、地味~なものに目が向いてしまいます。

d0212491_12405734.jpg

一応、松本城。

d0212491_12413623.jpg

実はこんな石積みに目が行ってしまいます。
打込み接ぎの美しさ。

d0212491_12432124.jpg

野面積の力強さ。
ここまで来て何を見ているんだか・・・と言われそうですが。
好きなんだからしょうがないですねえ。

d0212491_12461458.jpg

蔵町なら連れ合いも喜ぶかなと、一応妥協しますが、
「街並みは良いけれど、買い物はねぇ?」と意外な感想。

d0212491_12484580.jpg

d0212491_1249131.jpg

d0212491_12492027.jpg
d0212491_12493279.jpg

こんな意匠が気になるのは、二人とも前職の影響か?

d0212491_125152.jpg

昔と今では、興味の対象がまったく変わってしまったことに気付きます。
なわて通り?昔は楽しかったのに・・・・。
by audrey-gregory | 2019-06-13 17:00 | アート | Comments(2)

さよならね、Mitueちゃん

ご夫婦で陶芸家として活躍されていたのですが、
旦那さんが亡くなって、引っ越すことになりました。

d0212491_22595453.jpg

掛川のとんでもない山奥で、車が擦違えない道を
慎重に走らなければ谷川に滑り落ちそう。

d0212491_233392.jpg

文化財の指定直前だった古民家を改装して、
21年もこの地から作品を発信していました。

d0212491_2353374.jpg

普通の人が経験できないような、華やかな世界で活躍されて、
特に桃山陶・魯山人写しでは、多くの著名人に可愛がられたようです。

d0212491_2395282.jpg

別れの記念撮影。
モノづくりの友達の中でも、心の通える一番の友人でした。
遺影に涙するなんて、今まであったかなぁ?

写真右の傘立てをいただいてきました。
『箱根強羅花壇』の注文作です。
by audrey-gregory | 2019-05-18 23:57 | アート | Comments(0)

二人とも全滅

d0212491_20115510.jpg

僕はモニターを見ながら撮るけれど、
Oさんはファインダーを覗きます。
それだけで、いかにも手練れと素人然ですが、
撮ったもの?・・・大差なく、二人とも全滅!

d0212491_20174394.jpg

天空の茶畑と尾呂久保の集落を望みます。
中央左に見える茶畑と人家をズームしてみました。

d0212491_20202861.jpg

ここには伝説の『おろちの池』があって、
時期になるとモリアオガエルの卵塊がいっぱい下がっています。

d0212491_20241685.jpg

d0212491_20242768.jpg

林道に咲く植物を撮って、それだけで僕は満足。
カメラって、目で見た通りには撮れないってことで納得。
by audrey-gregory | 2019-05-10 20:28 | アート | Comments(0)

版画を楽しむ

d0212491_22182041.jpg

資生堂アートハウスは、芝が綺麗に刈られて美しい。
しばらくぶりですが、企画展はほぼ皆勤です。
無料の上に、展示物のボリュームが丁度良いので疲れません。

d0212491_22221844.jpg

小村雪岱・駒井哲郎・浜口陽三など、多彩な技法と、
日本を代表する作家たちの作品です。
木版・銅板・リト・シルクと、表現領域を広げてきた、
近現代の作品に出会えました。
草間彌生と船越桂は、やっぱり目を引きます。

昼からの、良い半日でした。
by audrey-gregory | 2019-04-21 17:00 | アート | Comments(0)

里山の古民家で器展

d0212491_20104894.jpg

「来てくれるだけで良いからね」と言ってくれたオーナー。
器を買わ無くなって久しいのですが、嬉しいお誘いです。

d0212491_20131545.jpg
d0212491_2014015.jpg
d0212491_20145123.jpg
d0212491_201605.jpg
d0212491_20162663.jpg

若い作家さんが、伝統工芸からクラフトへと変わる、
そんな流れを感じています。

d0212491_2028549.jpg

ギャラリーのお庭から、お地蔵さんが3体も出てきました。
僕は彫った事さえすっかり忘れていましたが、
苔が付いて、チョット味が出ていました。
里山での半日でした。
by audrey-gregory | 2019-03-29 20:34 | アート | Comments(0)

日曜美術館4時間連続

久し振りに、本当に久~しぶりに、庭で石を彫りました。
さすがに二時間も風にさらされると、体が冷えて肩が強張ってきます。

d0212491_6334675.jpg

ストーブの前に椅子を運んで、湯を沸かしながらDVDを流します。
知人に借りた『日曜美術館』6本見続け。
『江戸アバンギャルド』・『北斎』・『大観』
白洲正子の足跡を歩く・・・村治佳織は、二度も見てしまった。

美術館にも行きたいけれど、取りあえずは地元の絵画作品展から。
案内状がまた届き始めました。
by audrey-gregory | 2019-03-18 17:00 | アート | Comments(0)