カテゴリ:アート( 68 )

補陀落渡海を思う

由比の『地持院』へ、襖絵を鑑賞に寄りました。
このお寺には、師のわらべ地蔵2体が収められていました。

d0212491_20493415.jpg

綺麗なお寺で、檀家さん達で造ったというお庭も見事です。

d0212491_20504411.jpg

四十四面の襖絵は、石をモチーフに作品を発表している杉山侃子さん作。

d0212491_21164942.jpg

『三個の石』は阿弥陀三尊を表現しています。

d0212491_2056235.jpg

題材は全て仏教の教えに因んだもので、
対峙すると、石を介在して生と死に思いを馳せてしまいます。

何十年か前、作家さんとは知らずに杉山さんとお話をしましたが、
こんな絵を描く人だなんて思いもよりませんでした。
by audrey-gregory | 2019-01-21 17:00 | アート | Comments(2)

あっ、思い出した

雨が降ると、体育の授業は体育館でのフォークダンス。

気恥ずかしくて、緊張した高校時代。

男女比 1対2の学校。

d0212491_1915127.jpg

女子高生はみんな健康そうな足でした。

「オクラホマミキサー」「マイムマイム」

ユーチューブで見たら、覚えていました。

思い出しても恥ずかしいわ。
by audrey-gregory | 2018-12-03 17:00 | アート | Comments(0)

作品展とみかん

友人が『里山にて』なんて洒落た展示を開催中。

写真と裂織の三人展を、なんと9年も続けています。

d0212491_23365795.jpg

誰一人抜けずに続けられることが、とても羨ましい。

d0212491_23395496.jpg

▲柿渋で染めた裂織のバッグ・・・真ん中の作品一万円也

いかに手間暇掛かるか見ていますから、この低価格ではと老婆心。

作者、気の弱い良い人なんです。

d0212491_23434631.jpg

帰路、牧之原をダラダラっと下って、

無人販売のみかんを買いに神座まで大回り。

d0212491_23453748.jpg

何とドジな事に、小銭を持っていない。

だからって、バイクで一万円もミカンは積めません。

一万円だと50袋・・・・・・。
by audrey-gregory | 2018-11-30 00:00 | アート | Comments(0)

久し振りに一人になって

カミさん、お出かけ。

車が使えて、やりたい放題の日です。

さて、これだけの条件が揃ったのに、「何しようか?」

まったく思いつかないで、グズグズとお昼になってしまいました。

テーブルの上に置いて行ったレトルトカレーを食べながら、

「川根に石仏を捜しに行こう」と決める。

車を走らせながら、待てよ?

d0212491_2257321.jpg

大きく進路を変更して、御前崎の浜岡カントリーに向かいます。

『櫻井朱實』さんの個展が、間もなく終わる事に気付く。

汚いジーンズで、ホテルのロビーを横切るのは恥ずかしいが、

どうせ知った人なんかいないのだから・・・・。


専門的な事は何一つ分からないが、とても魅かれる書を書かれる。

プロフィールを読んで、その一端が理解できました。

「なるほどなぁ」とため息ひとつ。

d0212491_238186.jpg

ホテルから望む駿河湾は、凪いで煌めいていました。

才能のある人って、身近にいっぱいいる。

「うらやましいなぁ」とため息ふたつめ。
by audrey-gregory | 2018-11-26 23:47 | アート | Comments(0)

もう一つの目的

最近のクラフト展は陶芸家の参加が際立って多い。

昨年まで来ていた若い作家さんが、今年は参加していなかった。

僕は焼き物についての専門的な知識はありませんが、

その作家さんはとても魅力的な作品を並べていました。

d0212491_23112484.jpg

クラフト展には一般のお客さんに混じって、

売れそうな作家を掘り出す、ギャラリーの目があるようです。

そんな目に留まるのが目的の出店だそうで、

ギャラリーの名刺を大事そうに見せてくれました。

へー、と将来を見据えた若い人の展望に感心するばかり。

今年はチャンスを掴んで、羽ばたいたのかもしれません。
by audrey-gregory | 2018-11-10 17:00 | アート | Comments(0)

抜きん出た人

『遠州横須賀街道ちっちゃな文化展』に行ってきました。

街並み保存とアートイベントのコラボで、20年も続いています。

d0212491_2214549.jpg

僕の中では最大のイベントに位置しているので、毎年楽しみです。

d0212491_2216295.jpg

インスタレーションも何か所かで見られますが、

表現を汲み取れないのは、僕の感性の欠如でしょうか?

d0212491_22171539.jpg

親しみやすい作品もあって、子供さんも興味を示しています。

d0212491_22182397.jpg

掛川の大橋藍舟さんが、リクエストの文字を書いてくださいます。

d0212491_2219503.jpg

毎年これも楽しみの一つ。


とんでもなくレベルの高い作品にも出会えます。

天才って案外身近にいるもんだ。
by audrey-gregory | 2018-10-29 17:00 | アート | Comments(0)

素敵な作家さん

d0212491_6473824.jpg

イタリアの職人を想わせて、カッコいい彼。

山梨笛吹市から『ボッテガ・グリーチネ』

子供の為に頑張るんだ・・・・と。

d0212491_648319.jpg

癒し系陶器『にこりーず』の彼女は、はるばる秋田県由利本荘から。

「終わったらさっと帰るんです、子供が待っているので」

交通費だって馬鹿にならないから、たくさん売れますように。

d0212491_6482431.jpg

伊豆高原に移住して工房を構えている『siLo』のご夫婦。

靴と鞄のデザインが素敵です。欲しかった!

来年の五月祭には伊豆高原の工房に行ってみよう。

d0212491_6485082.jpg

ヤキモノの出展者が多い中で、

特に絵付けに魅かれた藤枝の『豆まき工房』さん。

「センスいいですねぇ」と言ったら、嬉しそうに顔を赤らめる。


年々モノづくりの人たちが増えて、世代の交代が感じられます。

「目の保養~」って言う知人たちばっかり・・・。

労力に見合わない低価格の作品が目について、「大丈夫かな?」

たいした買物は出来なかったけれど、一日楽しく過ごせました。

今日は『遠州横須賀街道ちっちゃな文化展』に行ってきます。
by audrey-gregory | 2018-10-28 12:45 | アート | Comments(0)

発表会が続く

d0212491_20491939.jpg

例年この時期は、地元の工房が一つになってのアート展でしたが、

今年は無くなってしまいました。

それでも各々が発表の場を持って発信しているようです。

批評を頂くにしろ、作品を買っていただくにしろ、

その場を造らないと前には進めないのがモノづくり。


今年は庭のお地蔵さん達が減って、

展示はできないと思っていましたが、お誘いを受けました。

来月、ギャラリー『陶』さんのお庭で、展示をさせてもらいます。

横山春美さんの『裂織・古布展』に混ぜていただくので、

また新しい出会いが出来るかもしれません。

それまでに一点ぐらいは彫らないと・・・ノルマ?!


◆11月16日(金)ー18日(日) 

◆島田市菊川1526 ギャラリー陶
by audrey-gregory | 2018-10-27 17:00 | アート | Comments(0)
d0212491_13525416.jpg

川越街道で学芸員のSさんとばったり。

「やー、元気!」「よく遊んでるねぇ!」・・・お互いさまじゃん。

久し振りに会ったので、やきものや書画の話が尽きません。

「志戸呂焼きがさぁ」「伊佐新次郎の掛け軸がねぇ」

d0212491_1357091.jpg

「こんな立地を生かさない手は無いよね」・・・意見一致。

近隣の陶芸家展を、街道を生かしてやってみたいようです。

ささま国際陶芸祭とコラボも良いかな。

これから各地でクラフト展・美術展が目白押しですが、

地元でも文化を発信して、市民が手軽に楽しめたら楽しい。
by audrey-gregory | 2018-10-16 17:00 | アート | Comments(0)

良寛と五合庵

良寛70歳と、孫ほどの若さの貞心尼30歳とが、

本当に恋を育んだのかも少々気になりますが、

旅の目的は五合庵と良寛の書。

d0212491_1845785.jpg

40代後半からから約20年生活したと言われている五合庵は、

かやぶき屋根の極めて簡素な建物です。

多くの漢詩・長歌・短歌はここで生み出したとされています。

あやかろうかと同じ空気を吸ってみるが?

恋じゃないよ、書です、書!

d0212491_18143270.jpg

▲複製ですが人気の書。

書家の書とはどこか違った趣がありますよね。

何とも頼りないこの線の細さ。つたない字の形。

なぜかこの素朴な文字が、

多くの人々を夢中にさせています。

真似て描いたりしていますが、なるほど良い書だ。

新潟燕市の国上寺にて・・・念願叶い満足。
by audrey-gregory | 2018-10-14 17:00 | アート | Comments(0)