カテゴリ:山野草( 49 )

藪椿

d0212491_17484961.jpg

昨年山から手折ってきた一枝の椿。
根付いたばかりか、花までつけてくれました。
植物の持つ命の不思議と希望を感じます。

d0212491_17404230.jpg

椿はとても品種が多くて、豪華な花が作られていくようですが、
僕の中では、シンプルな藪椿が頂点です。
単衣でも十分綺麗で、人とて同じです。
by audrey-gregory | 2019-02-11 17:03 | 山野草 | Comments(2)
土手の草は刈られ、河川敷の木々もみんな葉を落としていますが、
ススキや紅チガヤが絶妙の色を見せていました。
何にも無い所にカメラを向けているように見えたのか、
「何を撮っているんですか?」と散歩の二人連れ。

d0212491_23514399.jpg


d0212491_2352128.jpg


d0212491_23524563.jpg

物好きかもしれないなあ。

d0212491_23554523.jpg

台風で壊れた蓬莱橋は、いまだに直りません。

d0212491_04879.jpg

昔も、台風のたびに流されては、通行止めが長く続きました。
当時は、観光客なんて皆無でしたが・・・。
by audrey-gregory | 2019-01-29 17:00 | 山野草 | Comments(0)

あるじ無しとて

母が施設に入所して、手入れのされなくなった庭。
主が居なくても健気に花達が咲いていて、少々思う事も有り。
蝋梅と椿がいっぱい咲いていたので、手折ってきました。

d0212491_12412912.jpg

ペットボトルに詰め込んで、志戸呂焼きの古いツボに入れました。
部屋中に香りが満ち、お地蔵さんもご満悦かな?
by audrey-gregory | 2019-01-10 17:00 | 山野草 | Comments(2)

春を捜す

d0212491_8425699.jpg

この時期は庭に出ても何にもやる事がありません。
それでも春の気配はないかと、落ち葉をかき分けてみます。
ほらね、フキノトウが窮屈そうに顔を出しています。

d0212491_8431377.jpg

睡眠中のクリスマスローズも株元を覗くと、
まだまだ寝ぼけていますが、起き出した芽もありました。

d0212491_8525441.jpg

沙羅の木には糸に包まれた蜘蛛の卵。
庭中蜘蛛だらけになって、大騒ぎをするのは我が家の歳時記。

北風が強いと、庭になんか出ていられませんが・・・。
by audrey-gregory | 2019-01-09 09:02 | 山野草 | Comments(2)

庭の片隅で咲き始めた

雪なんか降らないのに『雪割草』が咲き始めました。

猟師さんが偶然見つけた群生地で、ひと株いただきました。

いまは、こぼれ種で増えて庭や鉢で元気に育っています。

d0212491_22395933.jpg

去年、思いっきり切り詰めた『侘助』が全然蕾を持っていない。

ガッカリしていたら、人目に触れない枝で数輪咲き始めました。

大きく開かない猪口咲きで小輪が、

一つ二つなど咲きたるは、いとあはれ・・・古語?

d0212491_2246942.jpg

単衣・小輪・地味、そんな植物が比較的好きです。
by audrey-gregory | 2018-12-01 17:00 | 山野草 | Comments(0)
智満寺の駐車場が満杯で、こんな事は初めてです。

それではと、ペンションの駐車場まで走っても、ここも満杯。

「そんなに人気があったかなぁ?」

d0212491_174264.jpg

どうだん原に続く伊太の丁仏参道は、ハイカーがいっぱいです。

テレビ放映があったようで、胸にバッチの団体まで訪れていました。

d0212491_17754100.jpg

例年、真っ赤に染まるドウダンツツジ8千本は、

猛暑や台風、はたまた暖かすぎる秋が原因か、今年はイマイチです。

d0212491_1792512.jpg

林床にはリンドウがたくさん見られ、山ラッキョウや、

種を落とす直前のワレモコウもそこここで見られました。

d0212491_17123552.jpg

運動不足には手頃なハイキングコースです。

d0212491_17142937.jpg

麓からお寺まで、一丁毎に石仏が祀られて、

僕は楽しくてしょうがない。
by audrey-gregory | 2018-11-11 17:59 | 山野草 | Comments(0)

ほったらかしの大文字草

肥料もやらず、植え替えもしないので大きくはなりませんが、

これが功を奏したのか、枯れもせずに毎年開花します。

可愛がり過ぎないのが秘訣かもしれない。

d0212491_13403584.jpg


d0212491_13411640.jpg


d0212491_13413234.jpg


d0212491_13414897.jpg

ごく普通の大文字草ですが、それも強い一因かも知れません。

交配種の高価なものを求めると、案外すぐに枯らしますが、

この辺りは、植物に限らず言えるかもしれません。

う~ん!
by audrey-gregory | 2018-10-19 17:00 | 山野草 | Comments(0)

突然出現した曼珠沙華

山口 百恵は『マンジュシャカ』って歌っていたけれど、

やっぱり阿木 燿子の作詞らしい凝り方です。

サンスクリット語でmanjusaka

d0212491_1627224.jpg

見る人の悪業を払うといわれて、天人が雨のように降らすという。

猛毒がありますが、飢饉には球根を粉にして食べたようです。

勿論、水に晒して毒を抜いて。

東北から帰ったら、いきなり土手が花で埋まっていました。
by audrey-gregory | 2018-09-23 18:00 | 山野草 | Comments(2)

消化器科

久し振りの検査で、前々日から検査食など食べ物の制限があって、

昨日は朝から2リットルもの腸管洗浄剤を飲み、

すでにこの時点で憂鬱になります。

前の患者さんは内視鏡に慣れていないようで、始終うめき声。

こちらはベテランとはいえ、やや不安に駆られる。

小さなポリープが数個で、つまんで生検に出す程度で無事終了。

その日の食事のなんと美味しい事。

何を食べても美味しいからカミさんは気が楽でしょうね。

「毎日検査したら!」とのたもうておりましたが・・・。

d0212491_11581867.jpg

by audrey-gregory | 2018-09-01 12:00 | 山野草 | Comments(0)

好きなだけお食べ

d0212491_17211361.jpg

ちっとも気がつかなかった。

川沿いのアメリカヅタが食い荒らされていました。

ほ~ら、やっぱりあいつだ、しかも5匹。

d0212491_17221813.jpg

柔らかい葉は、すでに全部食べられて、固い葉に食いついています。

d0212491_17232263.jpg

掴むと威嚇しますが、昔のいたずら小僧は平気です。

すぐに茂る蔦だから、ぜーんぶお食べ。

こんなに暑くても、食欲旺盛で羨ましい。
by audrey-gregory | 2018-08-03 18:07 | 山野草 | Comments(0)