2018年 06月 05日 ( 1 )

まだ残っている

d0212491_19133287.jpg

学校の帰り道は、寄り道しながらこんな小路を通り抜けました。

自転車が擦違えないほど狭いうえに、

ごみ箱が有ったり、枯れた植木鉢が転がっていたり。

宮小路や電灯小路など、名前は記憶の奥に焼き付いていますが、

都市計画で段々と、こんな小路が消えていきます。

空の狭い小路に入ると、学生服の頃が蘇ります。

隣りの席のM崎さんと、半年話が出来ませんでした。
by audrey-gregory | 2018-06-05 19:26 | 歩く・登る | Comments(0)