人気ブログランキング |

車を止めて

車を走らせていても、つい目についてしまうもの。
崩れかけた土壁・真っ赤に錆びたトタン・風化した石仏。
こんなものに『もののあわれ』を感じるのは、
日本人だけかもしれません。

d0212491_11425069.jpg

人の手に依らない美しさ。
陶器の欠けやヒビに景色を見るなんて、何ともお笑いですが、
僕もそんなものが、心に刺さる変な人です。
さすがに土塀やトタンのコレクションはありませんが。
Commented by yagisan123 at 2019-07-14 20:39
いや~良いですねえ。
ホントに、どうしてこんなものに魅かれちゃうんですかねえ。
ワタクシも、変な人の一人です。
Commented by budoudana-de at 2019-07-15 00:22
ある意味で「朽ちる」ということでもありましょうか?
風化した姿は感慨深いものですね。
お写真の土壁を見ると、職人さんの汗と眼差し、
そして、そこに住んだ人々の暮らしが蘇って来るようです。
人と一緒に生きていたんですよね。
Commented by audrey-gregory at 2019-07-15 22:57
茜さんへ
気付かないほどのスピードですが、刻一刻老化して崩れて行くものを見ると、
人間のはかなさや頼りなさとオーバーラップして見えてしまいます。
カッコつけて言えば、日本的美意識としての「無常感」でしょうか。
土塀の建物は文化財ですが、住人と一緒に朽ちて、いずれ消えていきます。
Commented by audrey-gregory at 2019-07-15 23:21
yagi sanへ
朽ちる寸前とか端正じゃあない無いものを見ると、
身につまされるんですかねぇ。
齢を重ねてというか、日を追ってというか、
どんどん好きになって行きます。

つゆ~♪ (つゆ~♪) つゆだから~♪
で、来週まで雨マークの静岡より
by audrey-gregory | 2019-07-14 17:00 | つれづれ | Comments(4)