人気ブログランキング |

壇蜜さんと、再び横手を巡る

壇蜜さんが、出身地横手を紹介していました。

巡ったばかりの増田町の内蔵は

なるほど、代表的な建物を見せていただいたことが分かりました。

d0212491_205140100.jpg

そうそう、ここは見た見たと、薬屋さんと肥料屋さん。

d0212491_20573971.jpg

『首より上の薬』を見つけて、壇蜜さんも笑っていました。

頭痛・のぼせ・吹き出物と、相当大雑把な効能です。

d0212491_20543152.jpg

蔵の前に貯蔵してある『味噌』もクイズでした。

「さてこのお味噌は何に使われるのでしょう?」

d0212491_2123896.jpg

刈り入れ前の広大な田と、小安峡も紹介しています。

テレビの前に正座して、改めて見入ってしまいました。

これから秋田は雪の季節に向かいますが、

Yさん・内蔵の皆さん、お大事に。


それにしても、『ババヘラ』は何だか分からなかったなぁ!
Commented by budoudana-de at 2018-10-24 01:27
先日、コメントを送ろうとしたら
PC反乱で没でした。泣
改めて~
今では懐かしく思えるショットですね。
壇密さんのTVは見れないでしまったのですが、
文化祭での懇親会でも話題になりました。
この町で他県ナンバーが多く見られることは本当に歴史的にも想定外(良い意味で)です。
川越ほどではありませんけどね。^^;
行政も町おこしに尽力されている方々も将来の姿を模索しています。
首から上の薬でなんとかならないものかと。笑

お孫さん、退院できてよかったですね。
お疲れ様でした。

Commented by audrey-gregory at 2018-10-24 15:53
PCの乱は日常茶飯事で、長文をやっとで書き終えては泣かされています。
先日、秋田県知事が企業誘致のお話の中、『閉鎖的な県民性』だとぼやいていました。閉鎖的ってそんなに悪くないのになぁと笑いながら聞いていました。
増田の内蔵群は、じっくり取り組んで地元の手で育てていったら、きっと素晴らしい宝に育つ事でしょう。外の資本を入れて地元がなおざりにされる例は多く見られます。

秋の花粉症に効くか、効能を確かめればよかった『首から上の薬』。
白鳥が辛い冬に結びつくとは、思いもよりませんでした。
by audrey-gregory | 2018-10-20 17:00 | つれづれ | Comments(2)