人気ブログランキング |

安宮神社修那羅山と坂井小の六年生

修那羅さんに献納させていただいた『野のほとけ』が、

筑北村立坂井小学校の六年生たちによって設置され、

入魂式もしていただきましたので、お知らせします。

d0212491_19255096.jpg


d0212491_19261310.jpg


d0212491_19264088.jpg


d0212491_19271277.jpg


d0212491_19274847.jpg


d0212491_1928198.jpg


d0212491_19285448.jpg

《修那羅さんのFaceBookより》

十体の石仏を坂井小の六年生が境内の猫神様のいる丘の上に運び設置をしてくれました

草刈り、整地から並べ方や向きも子供達に考えてもらい 無事に入魂式を済ませました

今日の様子は近日 信濃毎日新聞に掲載されるようです

是非御覧ください✨

また 新しく仲間入りした石仏を拝観にお越しください


宮司の宮坂さんと坂井小の六年生の皆さん、お疲れさまでした。

ありがとうございました!
Commented by budoudana-de at 2018-10-04 20:57
羨ましい出来事です。
坂井小の皆さんが、20年、30年、40年後、いや、もっともっと~

またここに来て野の仏様を拝んでくれたらと切に願います。
手を併せながら何を祈るのか・・・それも興味深々です。
バラエティに富む仏様たちですね。
遠い未来に思いを込めた形を遺せること、なんて素晴らしいんでしょう。


Commented by audrey-gregory at 2018-10-04 21:31
ありがとうございます。
これもFaceBookから始まった繋がりで、不思議な縁が続いて驚いています。
過疎で見捨てられるか、大きく前に進むかの転換点に来ているのは、規模の違いはあっても何か内蔵の益田町とも通じるものが有る気がします。
子供たちが地元を知って、いい方向に向いてくれると、石仏たちも埋もれないで生きる事と思います。地元の方が気付かない魅力を、ほんの少し応援していきたいと思っています。
この先、300年は元気(?)で合掌していると思いますので、多くの方に訪れていただきたいと思っています。
by audrey-gregory | 2018-10-04 18:00 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(2)