人気ブログランキング |

納得出来るまで

d0212491_18302989.jpg
石彫り教室に入り、あっと言う間に7年。
最初の数体を彫ったころの事。
今日は顔を彫ると言う日は、憂鬱で山の工房に行くのが苦痛でした。
苦労してなんとか出来上がる・・・そんな事が数回続くと
「何んとかなるものだな」と思えるようになった。
今では「あーでもない、こーでもない」と彫っているうちに、
石の下からわらべの笑顔が現れる。
先生を真似なくても、作者それぞれの顔があって良いと思う。
「それが味」と、ゆる〰く考えるgregoryのこの頃です。
by audrey-gregory | 2011-11-24 18:46 | わらべ地蔵・石仏 | Comments(0)